Capture One 11とAdobe Lightroom CCのカメラプロファイル比較:FUJIFILM X-H1

2018年9月25日、Phase One社のRAW現像ソフトウェア・デジタル写真管理ソフトウェア、Capture Oneのバージョン11.3アップデートにおいて、FUJIFILM社のデジタルカメラのRAWファイルに対応しました。

そこで、まずは無償で使える機能制限版「Capture One Express Fujifilm」をダウンロードして、従前からFUJIFILMのRAWに対応していたAdobe Lightroom CCとトーンを比較してみました。

“Capture One 11とAdobe Lightroom CCのカメラプロファイル比較:FUJIFILM X-H1” の続きを読む

心の中の色を描くには?RAW現像と記憶色

心の中に印象として残っている色や光を、RAW現像を使って表現してみようとしたことに関する雑感です。

日本画の大家であるところの横山大観は、岡倉天心が初代校長であった東京美術学校の第1期生を首席で卒業したあと京都に渡り、京都の神社仏閣の美術作品を模写して回ったそうで。
そのとき、横山大観は師である岡倉天心の教えに従い、美術作品を2、3日ただただ眺め、その後に元の美術作品を見ずに模写した、つまり記憶に残ったものを描いたとのことです。

この話を聞いて、これはRAWで撮って家に帰ってからRAW現像するのに似ているなぁ、と思って、夕焼け空を心に留めて、それで心の中に残った色を描くことを目指してRAW現像してみました。

“心の中の色を描くには?RAW現像と記憶色” の続きを読む